FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.5マイホーム購入のポイント

こんにちわマロです( ;∀;)
前回の続きでマイホーム購入のポイントです!
こんなことも検討すると良いかもしれません(^^♪

①交通の利便性について
「駅までの徒歩時間」や「最寄り駅からターミナル駅へのアクセス時間」を確認しましょう。交通機関と近い方が利便性が高く、通勤通学に関わってくる部分ですから、要チェックポイントです。

②間取りや専有面積
間取りや専有面積もチェックします。4LDKなどの表示がよく使われます。数字は居室の数を表し、Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンを表します。快適な生活を送れるように自分に合った間取りを選びましょう。

③住宅性能評価について
これは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に規定された「住宅性能表示制度」に基づいて、住宅の性能に関する第三者機関の評価書が交付された住宅のことで、国土交通大臣の登録を受けた第三者機関による、客観的な住宅の性能評価がわかります。

参考:公益社団法人 全日本不動産協会
www.zennichi.or.jp/public/knowledge/buy/5-6/


④現地見学で生の情報を知る
利便性や快適性等の周辺環境をチェックします。公共施設や利便施設、快適な生活を阻害するような嫌悪施設がないかもチェックしましょう。

また、昼と夜、平日と休日では周辺の雰囲気が一変するということもあります。
昼間は人通りがあるけれども、夜は暗く、人通りが少ないといった場合は犯罪に巻き込まれないか注意が必要です。

物件見学に行った休日よりも、平日は交通量が多いこともあります。
未然に事故を防ぐためにも小さな子供がいる方は交通量も確認しましょう。

マイホームは家族みんなが長く、快適に暮らすための大事な場所になります。
納得のいく物件が見つかるように慎重に検討しましょう。

マロ
スポンサーサイト

No.4 マイホーム購入のポイント

こんにちわ!
久しぶりです。

WEBライターのマロです。
今回はお題のリクエストいただいたのでマイホーム購入のポイントを
しばらく書いていきたいと思います( ;∀;)

マイホーム購入も結婚も弟に先を越された私ですが、
マイホーム購入のポイント謹んで解説させていただきます!


あなたにとって無理なく購入できる価格とは?

無理なくマイホームを購入できる金額は一体いくらなのでしょうか。
金融機関からローンを借りる場合の目安としては、年収の5倍というのが一般的です。

例えば年収が400万円の世帯なら、その5倍である2000万円の住宅が、購入可能な住宅としての目安になります。

この目安を考慮したうえで、自分の月々の収入に対しての住宅ローン以外に掛かるお金を明確にしたうえで、資金計画を立てることが重要です。また、頭金を用意するのもマイホーム購入のポイントです。

頭金の目安は購入する住宅の10%~20%と言われています。
先ほどの例では2000万円の住宅を購入する場合、200~400万円の頭金を用意すると良いでしょう。

頭金を支払うメリットは住宅ローンの総額が安くなり、利息を圧縮できます。
デメリットは頭金を用意する事で預貯金を減らしてしまう恐れがありますから、現在の生活に無理な負担がかからない頭金を準備しましょう。

今日はこの辺で(^^♪

No.3頭金のことをしっかり「頭に入れる」

皆さんこんにちわ(^_-)-☆
不動産WEBライターのマロです。

さて前回の記事の続きです。
マイホーム購入の際は金利が最大のコストになってきます。

金利は金融機関の選択、ローンプランの選定でも変わってきます。
金利の安い金融機関を利用すればそれだけ利息を減らすことができます。

そして、今回は頭金を払うことで金利を減らすことについて紹介します。

実際に頭金を用紙することで、どの程度金利を減らすことができるのでしょう。

今回は4000万円の一戸建てを頭金0円、200万円、500万円で試算してみます。

条件は年利1.2%、元利均等払い、返済期間は35年とします。
※頭金の目安は一般的に住宅価格の20%~30%と言われています。

頭金0万円

頭金0


元金:4,000万円
利息:900万5,810円
総支払額:4,900万5,810円

やっぱり利息は高いですね・・・( ;∀;)
月の支払いで4万円も利息を支払っていることもわかりますね。
それでは頑張って頭金200万円を準備するとどうでしょう!

頭金200万円

頭金200


元金:3,800万円
利息:855万5,511円
総支払額:4,655万5,511円

なんと頭金0円との利息の差額は45万2,990円です(^^)
頭金を準備することでかなり利息に差がでてきますね( ゚Д゚)
では頭金500万ではどうなるでしょうか( ;∀;)

頭金500万円

頭金500


元金:3,500万円
利息:788万56円
総支払額:4,288万56円

なんと頭金0円との利息の差額は112万5,754円です。
購入時の頭金でも大きく金利を減らすことができますね(^^♪

これで頭金を準備できれば総返済額を抑えることができるとわかりました。次は頭金を準備するうえでの注意点について紹介します。

注意点1 頭金の支払いをして貯蓄不足に陥る

頭金で利息を減らすために無理な支払いをして貯蓄を減らすのは
危険
と言えます。万が一の時のお金はきちんと手元に残しておきましょう。

注意点2 頭金を貯めている間に物件が無くなる、経済状況が変化する

もし、欲しい物件があって頭金を貯めてから買おうと考えても
未来にはその物件が売れてしまっている可能性があります。

もし理想の物件に巡り会えたならとりあえず購入して、後ほど
繰り上げ返済するという方法を取ることもできます。

また、現在は超低金利ですから、数年かけて頭金を準備しても金利が上がっていた場合は損をする可能性もあります。

これらの要素を勘案してマイホーム購入時の頭金を準備するようにしましょう(^^)/

今日覚えたいこと
①頭金を用意することで大きく金利を減らすことが可能
②総返済額が変わるため、月々の負担も少なくなる
③物件購入タイミングによっては、頭金なしで購入し繰り上げ返済を検討する
④頭金の準備に時間を掛け過ぎると、金利が上がった時に低金利のメリットを享受できない



編集後記
更新ペースは週に2回~3回になりそうです(^^)/
現在ライティング案件では不動産投資や民泊の仕事
が増えてきています(^^♪

私の住んでいる秋田県は雪が積もっておりとても寒いです・・・( ;∀;)
来週からは雪も少し解けるようなのでうれしいです( ;∀;)

まだ、春は遠いですが皆さんもお身体ご自愛ください(^^♪
そしていつも見てくださっている方々には本当に感謝です!( ;∀;)

No.2 持ち家と賃貸どちらが自分に合っているのか~金利について~

皆さんこんにちわ(^_-)-☆
不動産WEBライターのマロです。

さて前回の記事の続きからスタートです。
自分が住むマイホームは購入した方がいいか、それとも借り続けた方が良いのか?

自分に合っているのはどっちなのでしょうか。

マイホームを購入する場合は金利への支払いが一番高くつきます( ;∀;)
この金利を抑える方法を見ていきましょう(^^)/

①ローン時の金利条件

住宅ローンの金利は金利条件によっても異なります。
住宅ローンの金利には「変動金利」、「全期間固定金利」、「固定金利選択」の3種類があります。

「変動金利」は経済状況などに応じて、金利が高くなれば利息が高くなり、金利が低くなれば利息が安くなります。固定金利より安く設定されます。

「全期間固定金利」はローン開始から完済までの全期間の金利が一定です。金利は高めですが、金利は一定のため将来の計画が立てやすく金利上昇はありません。

「固定金利選択」とは、ローンを組んだ後に一定期間のみ金利を固定します。例えば、最初の10年は固定金利にし、固定期間終了後は変動金利型になるという形態です。

試しに実際のローンプランを見てみましょう。

「三菱東京UFJ銀行 ずーっとうれしい金利コース」
図2


このように一つのローンプランでも変動金利か固定金利か、固定金利の期間によって金利が変わります。


~最近の金利動向は?~
引用:http://diamond.jp/articles/-/127188
図1



主要な銀行の住宅ローン金利の推移をみると変動金利はかなり安くなっています。単純に考えた場合、変動金利※と固定金利では0.8%も差がでてきます( ;∀;)

※半年ごとに金利を見直し、逆に金利が上昇すると返済額も増えます。
現在は低金利が記録的に長く続いており、これ以上の金利低下は考えにくいでしょう。

今日覚えたいこと

①金利には「変動金利」、「全期間固定金利」、「固定金利選択」がある。
②どれを選ぶかで金利が変わるので将来の総返済額が変わってくる。

以上ありがとうございました(^^)/
また次回もよろしくお願いします( ;∀;)


編集後記
金利はローンプランや金融機関、その他諸条件で大きく異なります(^^)/
当ブログの記載内容が絶対ではないため、あくまで参考知識としてご活用ください(^^♪
皆様の不動産に関する疑問や不安が和らげば、又は何か行動のきっかけになれば幸いです。

No.1 持ち家と賃貸どちらが自分に合ってるのか?

皆さんこんにちわ(^^)
不動産ライターのマロです!

皆さんの住んでいる家は持ち家ですか?
それとも賃貸ですか?

いつかは欲しいマイホーム。だけども世間には賃貸の方が得だとか、
やっぱり持ち家が得だとか、情報が溢れています。

「金銭的にどちらが得か」と考えるのは不動産の立地や地価、
都会か地方かなどで大きく前提条件が異なるため議論が難しいです。

ですが、それぞれの特徴を掴むことでマイホームが自分に合っているのか
それとも賃貸が合っているのかはヒントを掴むことが可能です(p_-)

是非そのヒントを掴んでいただけたら嬉しいです(*´-`)
ちなみに僕もアラサーですが個人的にはずっと賃貸で良いと思っています‥笑

・マイホームを購入する時に知っておくべきこと

まずマイホームの購入価格に影響する要素を考えてみます(*´-`)
マイホームを購入する際に、本体価格の次に1番費用がかかるのは何か知っていますか?


答えは『金利』です!
そこでローン計算サイトで金利がどの位かかるか調べてみました。

参考:http://keisan.casio.jp/exec/system/1256183644

結果

借入金額:3000万円
返済方式:元利均等
返済頻度:月払い
金利:全期間固定金利3.0%
返済期間:35年

図2


返済総額:48,490,768円
金利:18,490,768円



→え!!!!? 金利だけで1800万円( ゚Д゚)
※あくまで今回の条件での試算結果です。

こんなに金利がかかると思いましたか?
僕は初めて計算した時ビビりました(゚ω゚)

こんなんじゃアラサーライターには家なんて買えないよ(^_-)-☆

では、少しでも金利を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?
金利を安く抑えるにはいくつかのポイントがあります。

ポイントは次の通りです(^^)/

①ローン時の金利条件
②頭金
③繰り上げ返済
④物件購入タイミング

次回はこれらについて解説していきます。
またよろしくお願いします(^^♪

今日覚えたいこと:金利はとても高い!


追記:次の記事で解説していますが、現在は記録的な低金利が続いているため安い金利のプランもたくさんあります。
当記事では金利手数料は条件次第ではとても高くなることをお伝えするため上記の条件で計算しています。
プロフィール

office_maro

Author:office_maro
不動産、住宅に関すること、不動産投資に関することを中心にWEBライターを行っております。お仕事のご依頼はsucess.jiro@gmail.comまでお願いします。保有資格:宅地建物取引士・情報技術検定3級

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。